千葉県流山市のデザインラボ ニコリエ

雰囲気のあるアートをお部屋に取り入れてみたい。

雑誌やインスタみたいなディスプレイをしてみたい。

インテリアのアクセントになるような色合いのものが欲しい。

でも、どうせ飾るなら日々の励みになるような
メッセージ性のあるものが欲しい。

…でも手頃な良いものってどこにあるんだろう。
子供が小さいと、あちこち探している暇もない。

という、欲張りな私自身の思いから始めました。

こどもグラフィックアートは
おうちの方が残しておきたい宝物のひとつである

「お子さまが描いた絵」

を丸ごとモチーフに使い
あなたにぴったりのインテリアアートを
グラフィックデザインの技術を用いて
制作するサービスです。

お子さまの気持ちに寄り添うために

「加工」「アレンジ」ではなく「モチーフ」として

誰だって、自分が一生懸命描いた絵を直されたらいい気持ちはしないもの。
こどもだって一緒です。
ニコリエでは、お子さまの絵のタッチや独特のスピード感を最大限に生かしたアートを作りたいと考えています。
そのために、「直された!このままじゃダメなんだ…」とお子さまに感じさせない作品づくりを心がけています。
だから、明らかな汚れやサイズ調整以外はほとんど手を加えず、丸ごとモチーフとして使います。「この絵、すごく素敵だから私のデザインに使わせてもらってもいいかな?」そんなスタンスです。
自分の絵を大人に丸ごと認めてもらうという経験を通じ、もっと絵が好きになってくれたら。さらにはグラフィックデザインという分野を知るきっかけになってくれたらと思っています。

積極的に体験イベントを開催し、お子さまと直に向き合う機会を大切に

グラフィックデザイナーは、基本的にクライアントと打ち合わせをした後は、その情報を元に作業場で制作をします。
しかし、こどもグラフィックアートは積極的に外へ出て、お客様と一緒にその場で作品を作り上げていくという、ちょっと変わったイベントを不定期に開催しています。
そこでは、絵を描くお子さまの様子や、デザイン制作の過程を興味深そうに見つめるお子さまの様子など、作業場だけではわからない、リアルな表情に接することができます。このような機会を大切にし、お子さまの気持ちを尊重しつつ、おうちの方に喜んで頂ける作品づくりに生かしています。

オシャレなデザインを提案するために

まず、お好みのインテリアのテイストをお尋ねしています

デザインに入る前に、ナチュラル、北欧系、ブルックリンスタイル、ヴィンテージ…などなど、お好みのインテリアのテイストをお尋ねしています。よくわからないという方は、お気に入りのお店や好きな雑誌、本などを教えていただくだけでも大丈夫です。
パパ好みのクール、スポーティなスタイルも意外と得意です。
何かと忙しく、散らかりがちな子育て中は、おうち全部をがっちりコーディネートするとまではいかないかもしれません。
だけど、ちょっとだけ自分の好きなスタイルを見つめ直して、おうちの中のほんの一角だけでもテンションが上がる「自分コーナー」を作ってみるのは、ストレス対策としてかなりオススメです。

絵に「背景」や「フレーム」を添えるイメージでオシャレ感を出します

制作の元になる原画には、大きく分けて2種類あります。「線画」と、「色塗りされているもの」です。
線画は主に、チラシの裏に書かれた落書きなど、単色のものが多いです。
こちらの場合は、背景をつけてあげて、場合によっては線を強調するような白フチを施したり、デジタルならではの技術で白黒反転させたりします。
色塗りされたものは主に、園や学校で描いてきた作品であることが多いです。
こちらの場合は色はほぼそのままで、原画と、おうちの方の好みの雰囲気を照らし合わせて、最適な「フレーム」のデザインを考え、施すという作業になります。
よりオシャレ感を出すために、ドット柄、ストライプなどのスタンダードな模様に加え、クラフト紙やキャンバス地などの雰囲気のある素材を多数ご用意しています。画像処理の技術を用いてこれらを適切に組み合わせることで、現実にはほぼ描けないような、雰囲気のあるものを作っていきます。

手軽に取り入れて欲しいから、お手頃価格にこだわります

子育て中は、つい自分のことは二の次になってしまい、気がついたらストレスがMAXに…
こどもグラフィックアートは、おうちの人の心のオアシスでありたいと思っています。そのためにはまず注文しやすい価格でなければ、と考えました。基本を画像データでの納品とさせて頂くことで、デザイン制作以外の工程を極力省き、低価格を実現しています。

PAGETOP